読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根木珠たまねぎ日記|(旧 There's No Blog)

電子書籍を個人出版している根木珠、思考を垂れ流す。(旧Don't Believe Everything You Read)

非科学的事象を肯定するということ

このあいだの精神科の診察で、精神科医と話をした。
その中で、「おそらく、神の声を聞くことができる人っていうのは、いると思うんですよ」と先生は仰った。
科学で解明できないこともありますからね。でも、これをひとに言うと、そんなのおかしいって言われちゃうんですよ。
とのことだった。
かつては、目や耳の不自由なひとたちは、神に近い存在として尊崇されていた……そういう話のなかでの、言葉だった。
いまでは、神の声が聞こえるといったら幻聴のある精神疾患の名前がつくのでしょうね、と私がいったとき、その精神科医はそのように答えたのだった。

にわかには信じがたい。私は科学至上主義者ではないけれど。

それでも、そういうこともあるのだと思って生きていきたい。すべてが合理的科学的なのでは、世界はあまりにも無味乾燥だ。

学びと遊びは、よく似ている。
学問でない勉強もあるのだろう。

きょう、「芸に遊ぶ」という言葉を知った。


緊張してばかりいないで、たまにはリラックスしてみると、何かが……見えてくるのかもしれない。

人生は短い。だけど、時間いっぱい気を張ってなにかを為そうと努めるよりは、平穏な気持ちでいる時間も、なにかを楽しむ時間も、なにもしない時間も、人生を豊穣なものにするためには必要なのかもしれない。


「幽霊になった私」書評 - ペンと拳で闘う男の世迷言