根木珠たまねぎ日記|(旧 There's No Blog)

電子書籍を個人出版している根木珠、思考を垂れ流す。(旧Don't Believe Everything You Read)

初めて、エッセイを書いています。



サヴァイヴァ」の表紙は、プロのアニメーターの方にやってもらったのです。
ツレの友人だったので、ツレがちょっとやってくれないかと頼んでいたのです。
数回そんなことがあって、またなにかあったらやってくれとツレが言いましたところ「それをやる暇があるなら別の仕事を入れる」と言ったそうで、それはそうだなと思ったのでした。
時間と手間をかけて作ったもので、その技術をただで使おうというんですからたしかに虫のいい話だったでしょう。
その反省から、というわけでなく絶交されてしまったからもう彼には物理的に頼めないのですが、それでもひとに頼むのは、自己出版とはいえ独者様からお金をいただくわけで、そうするとある程度、質の高いものでなければならない。
また、無料で出していたころに感じなかったプレッシャーを有料にしたときに感じたのです。そのプレッシャーに負けないでいられるためには、自信も必要でしょう。
安かろう悪かろう、悪貨は良貨を駆逐する、というような言葉がありますが、そちら側に加担するようなことは、してはいけないと私はそう思っています。
現実問題として、経済的に余裕はないです。良心や善意に頼るしかない。
しかし良心や善意だけで出来ることには限界がある。
では、どうしたらいいか……。


どうしたらいいんでしょう。
私にもわかりません。