読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根木珠たまねぎ日記|(旧 There's No Blog)

電子書籍を個人出版している根木珠、思考を垂れ流す。(旧Don't Believe Everything You Read)

同業者

料理屋さんに勤めていたころ、たまに「ん、あのお客さん、同業者じゃないか?」というようなことがありました。
男性4名が、4つのコースをそれぞれ一つずつ頼む、というような場合。
そういうときは、調理場は緊張の糸が張り詰めました。
下手なものを出したら「この店はだめだ」になってしまいます。
また、自分たちも勉強のために料理屋さんに食べに行くこともありました。

いまこうして小説のようなものを書かせてもらったり、かつ幸いなことに読んでいただいたりしております。
同じように小説を書かれている方の前に作品を出すことは、やはり少しこわいです。
こいつわかってねーなとか、ふざけたもん書いてバカにしてやがらあとか、そんなふうに思っているのではないか。はたまた、こんなものは文学に対する冒涜である! いますぐ切腹せよ! さもなくば粛清してくれるキエーイ! と怒られるのではないかとさえ思いながら、生きています。

そんなわけで、同業者というのはこわいもの、と思っております。
小説の質の向上含め、がんばっていかなあかんなあとおもてるんですけどもね。最近どうですか。なかなかあきまへんわ。なにがあきまへんの。なにがやあれへんがな。こないだもな……。

…………。

せやさかい、よろしゅうたのんます。
おおきに。

関係ないけど、「仮面ライダー一号」というのが映画でやるそうですね。



(おわり)



漫才入門

漫才入門


広告を非表示にする