読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根木珠たまねぎ日記|(旧 There's No Blog)

電子書籍を個人出版している根木珠、思考を垂れ流す。(旧Don't Believe Everything You Read)

老子:無用之用

日記 雑記
原文:
三十輻共一轂。當其無、有車之用。
埏埴以爲器。當其無、有器之用。
鑿戸牖以爲室。當其無、有室之用。
故有之以爲利、無之以爲用。 

書き下し文:
三十輻(ぷく)一轂(こく)を共にす。その無に当たりて、車の用あり。
埴(しょく)を埏(こ)ねてもって器を為(つく)る。その無に当たりて、器の用あり。
戸牖(こゆう)を鑿(うが)ちてもって室(しつ)を為(つく)る。その無に当たりて、室の用あり。
故に有のもって利(り)をなすは、無のもって用をなせばなり。 

解釈:
三十本の輻(スポーク)が車輪の中心にある一つの轂(こしき)に集まっている。
その轂の中心に空洞があるからこそ、車輪としての役割を果たし得る。
粘土をこねて器を作る。その器の中に何もないことで、器としての役割を果たし得る。
戸や窓をくり抜いて部屋を作る。
その部屋が何もない空間であることによって、部屋としての役割を果たし得る。
だから、形有るものが役に立っているのは、
何もない「無」の働きがあるからなのである。

────

つまり、こういうことかな。

f:id:pcu28770:20160317175514j:image

f:id:pcu28770:20160317175526j:image

f:id:pcu28770:20160317175533j:image



老子の言葉 A vessel is only useful in its emp... - 英語 | Yahoo!知恵袋

(おわり)