根木珠たまねぎ日記|(旧 There's No Blog)

電子書籍を個人出版している根木珠、思考を垂れ流す。(旧Don't Believe Everything You Read)

Twitterで縦書き小説を読んでもらいたいとき。

 

 ウェブ小説全盛期(?)×多くのひとがTwitterをやっている=Twitterに小説を載せたい。という、あなた。

 そんなとき。上のアレみたいに、Twitter(やブログなど)に、自分の小説(など)を置いておくことができます(読んでもらえるかはわかりません)。

 長い話をどこかで販売しているという場合は、そのサンプルだけ置いておくのもグッドなようです。私はやっていません。それ以前に長い話が書けません。

 

 意外と簡単にできます。そのためのツールがこれ。

 ◆EPUB to Twitter

www.iineshoten.com

 

方法は簡単。

1 ePubファイルを用意する

2 アップロードする

3 生成されたものをそのままTweetする

完了です。

 

 そのePubファイルをどうやって用意するの? ここがおすすめです。

◆でんでんコンバーター

conv.denshochan.com

 

1 テキストファイルを用意する

2 アップロードする

3 入力項目に適宜入力する

4 変換する

完了です。

 

 

◆応用

  宣伝用のページを、自分で作ってみる。

lp.denshochan.com

 

◆余談ですが……。

 私の場合、Tumblrのアカウントはすでに持っていました。

 Tumblrはマルチアカウント対応。

 なので、ここのためのTumblrブログを仮に作りまして、

 それから、いろいろいじりました。

 いまはデフォルトに戻しちゃいましたが。

 ここ↓に詳しく書いてあります。

 私は、Google Chromeでここ↓とTumblrを開いて、タブを何度もクリックして、行ったり来たりしながら作りました。

 なにかといじくりたおすのが好きな方におすすめです。

 私もむかし(ガラケーのころ)お手軽簡単、携帯用ホームページ作成! みたいなウェブサイトでぽちぽちやっておりました。あれは楽しいですね。レンタルブログはもはや多すぎてなんだかわからない時代! 素晴らしい! awesome !! :)

 

github.com

 

◆言い訳 

 この記事は、自分のような「そういう知識もないしあんまり専門的なこと言われてもわからんちん」という方のためでもありますが、おもに自分の備忘録として書かれたものです。

 

 実在する人名、地名、団体名とは関わりがあります。

 ご了承ください。

 

 ―完―

 

◆付記

 アッ……、

 今週のお題「おすすめの手土産」 ですって。

 せっかくなので、これらを使わせていただいたお礼におすすめの手土産的なことを書いた、ということにしておきます。

 

(了)