読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根木珠たまねぎ日記|(旧 There's No Blog)

電子書籍を個人出版している根木珠、思考を垂れ流す。(旧Don't Believe Everything You Read)

はてなからWordPressへ

selpubgang.org WordPressにウェブサイトっぽいブログをつくりました。 インポート/エクスポートはしないつもりでやんす。 RSSはfeedlyなりくまブなりに登録したりしなかったりしてください。 よろしくどーぞ。 むこうはスターやなにかがないから、コメント…

ものびと新装版(出版前に)

根木珠のフェイスブックページをつくりました。 随筆からインタビュー・対談集に変化しました。 名前がぬけているのはこれからなおしていただく予定です。 ──「はじめに」「おわりに」より抜粋 ものを書くひとたちの心のありよう、彼らの人生、彼らの主軸と…

『もの書く人々』、たぶん7月7日くらいに無料キャンペーンをやるかもしれないってよ

Amazon kindle ストアにて『もの書く人々』7月7日、発売します。 そこでこの本を無料キャンペーンをやります。 まだKindleなどの電子書籍やセルフパブリッシングの本を読んだことのないひとにむけて書いている本なので、ハードルとか敷居とか心理的抵抗と…

随筆『もの書く人々』のコンセプトなど。

きょうは隙間社さんとウェブ対談させていただきました。前半、私のほうが逆にインタビューされてしまいました(笑)ひとから質問をされたことで、自分のやりたいことが、よりはっきりとしてきました。そういうわけで、前半部分、隙間社さんからの質問と、それ…

自己紹介

2016/05/11現在、33歳、女、無職。不安障害とか甲状腺機能低下症とか患っています。つれは双極性障害(躁うつ)。福祉のお世話になっています。Amazon KDP などで電子書籍を個人出版(セルフパブリッシング)をしています。文化人類学などに興味があります。…

募集

これまでブログのサシオフカテゴリで書いてきたオフ会レポ(会ってないひとも含む)、これを、まとめます。そして電子書籍を個人出版します。ただ、ここで問題なのはボリューム。もっと! もっと活字を!という活字中毒な読者様のリクエストにお応えして、あ…

小説を書くときのあれを晒してみる

いまの状況。 短編集 復讐劇・悲喜劇 べつべつの短編に見せかけた連作短編 着想メモ 構想メモ1 AはBを裏切る。D の存在。BはCを裏切る。CはDを裏切る。復讐劇は完成したかのように思える。けれど最後に、DがAに近づく。仲良くなり、けれどもそこで、裏切り…

つい勘定的……じゃない、感情的になってしまった。某ジャンプなんとか公式アカウントと某先生が狂言口論をしていたもんだから…申し訳ない。

ツレに説教された話

夜中から朝方まで何時間も説教されて、さらに寝て起きてからも続いたのが、一昨日から昨日。いってることは、ようするに自分を軽んじられたから怒ったとか、報告連絡相談、説明をしてくれとか、ケータイではなく目の前にいるひと(自分)を大事に、とのこと…

短慮

炎上マーケティングなんて大嫌い。好きなひとは言及し、嫌いなひとは黙っている。結果、まるでみんなが炎上大好きみたいに見える。だが、そんなものを好きな連中は、頭の悪い、程度の低い、思慮の浅い、浅薄なやつらだ。炎上→バズるという、そんなものは文化…

非科学的事象を肯定するということ

このあいだの精神科の診察で、精神科医と話をした。その中で、「おそらく、神の声を聞くことができる人っていうのは、いると思うんですよ」と先生は仰った。科学で解明できないこともありますからね。でも、これをひとに言うと、そんなのおかしいって言われ…

執筆衝動と救難信号

吐露 - 魔法のiらんど私にとって書くことは衝動なのです。怒涛のようにそれは襲ってくる。止めようもなく。なんか同じ話を何回もしてる気がするけれどそれはさておき、かつて魔法のiらんどというところで、日記機能を使い思考の垂れ流しをしていました。小説…

牛野小雪さんに会ってきた

ushinosyousetsu.blog.jp そんなわけで、牛野小雪(うしのしょうせつ先生にお会いしてきました。 山形という名の火星に行きました。 なぜかデイジーに会えませんでした。不思議ですね。 牛野先生はTwitterのアイコン通り、髪の毛が虹色でした。 それを見た私…

無為に過ごす

朝起きて飯食って寝るだけの日々 心穏やかに生きていきたいおなかいたいねむいかゆいうま

読書記録・4月

◇ ゆきなの本棚 期間 : 2016年04月読了数 : 5 冊 新史 太閤記(下)(新潮文庫) 新史 太閤記(新潮文庫) 司馬 遼太郎 / 新潮社 (1973-05-25) 僕だけがいない街(8)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース) 三部 けい / KADOKAWA / 角川書店 (2016-04…

rationalized abuse

虐待とは合理化されるものだ。「こいつが嘘をついたから殴っているのだ。これは躾だ」と。私はあのときなんて思ってたかなたぶんもう、諦めていたなにいってもわかってもらえないしこのひとにはわからないのだとすべては良くならず、悪化してゆくだけなのだ…

自信とは何か

「びくびくおどおどするな」「挙動不審だ」「自信を持て」と、昔からよく言われる。では、自信とはなんだろうか。一般論でなく、どうしたら自信を持てるかでもなく、自信とは何か。それが知りたい。

今年も残すところあと8ヶ月

今年も なんかやるまずは なんかの あれだそう うん いやなんかこう(手記はここで途切れている)

冗談よ、通じろ!

レビューがなんだ!書評がなんだ!評判がなんだ!マストリードがなんだ!自分が読む本くらい自分で決めろ!あと、私の本を読め!根木珠掌編集・白(欠伸文庫)作者: 根木珠出版社/メーカー: 九十九電本文庫発売日: 2015/11/05メディア: Kindle版この商品を含…

変化と更新

急激に変化すると、どこかで歪(ひずみ)がでる。マラソンを短距離走の速度で走れば、ぶっ倒れる。車のハンドルに遊びがないと、なにかと危険。合理的とはそういうことだ。無駄や無意味、無の必要性は、私がいうまでもなく、先人たちがすでに、書き記している…

ブログらしいブログを書きたかったが

書けませんでしたなあ……元気です。

潰れる

みんな潰れていく

人間関係で萎縮するセルフパブリッシング

どこが自由なんだ心がしんどい

雨の日の雀の話

小学三年生のころ。雨の日のことだった。家の前で猫が雀をいじめていた。私が、近づくと猫は去っていった。警戒心の強い雀は、逃げなかった。怪我をしていたのだろう。私は雀を手に乗せて、どうしたらいいかわからないまま、歩いた。児童館を目指すことにし…

情緒不安定

ご迷惑をおかけする

小説も出版もなんかもうどうでもいいし読みたければ読むし書きたければ書くしこんな思いをするぐらいなら筆を折りたいしそれでも書くことはやめられないし

セルフパブリッシング

書いたから読まれたかったのであって読まれたいから書いたのではなかった。忘れていた

無題

優しくされたいなんて願ってはいけなかった。みんな自分のことで精一杯なのだった。そうすべきではなかった。機械のようにあるべきだった。それができなかった。頼るべきでなかった。甘えてはいけなかった。自分のことは自分でなんとかしなければいけなかっ…

気持ちを切り替える

もともとセルフパブリッシングをしたのだって、たまたま書いたから読んでもらいたくて、たまたまそういうのを知ってやってみただけなので、べつにもう固執する必要はないのだった。だいたいわかった。ひととは関わりたい、できればものも書きたい。書いたも…

あー

自分がクズ過ぎていやになる人を不快にさせてしまった小説書くこともセルフパブリッシングのことも今は考えたくないだけど、これからどうしようか

顛末記の顛末

いろんな人が怒っていろんな人が傷ついたごめんなさいやるなんて言わなきゃよかったわたしなんかしねばよかった疲れた

むかしは本が好きだった。いまは違う。なにか、大事なものを失ったような気分だ。あなたにとって読書とは何か、と数人に訊いてみた。たったそれだけの質問の、その答えで、そのひとがどんなひとなのか、わかった気がした。社会的ステータスよりもなによりも…

無題

それでも、呼吸が続くことは、許されるだろうか?http://j-lyric.net/artist/a000673/l002b4b.htmlセックスと暴力? そんなこと知ってるから、もっと面白いこと教えてよ。重力ピエロ (新潮文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/06/28メ…

エッセイ抜粋『勧誘された話』

勧誘された話 メイフラワー(手相)北千住にいたころ、職場から寮までは20〜30分離れたところにあった。仕事が終わり寮へ帰るとき、北千住駅の下を通る。すると「手相の勉強をしているんですけれど」と、声をかけられた。手相を見せてくださいというから見せた…

珠談会(オフレポ)-烏梟さん

きょうは烏梟さんとお会いしてきました。 星空文庫というウェブサイト上で小説を公開されている方です。 烏梟 - 星空文庫 どこか浮世離れした雰囲気をまとっていました。仙人か。仙人なのか。 一歩引いたところから世の中を眺めている、鴨長明の「方丈記」を…

心の底の、奥の奥なにかがそこに、みえますか?わたしはなにも、みえませんあまりにそこが、暗すぎて

根木珠著『YOME』(九十九電本文庫)のエッセイ部分を抜粋(本への想いを熱く語る)

本に対する思いの丈を書き綴ってみました。熱弁しており見苦しいかと思いますが、読んでいただけたら嬉しいです。ちょっと長いけれども、試し読み的に、ここに置いておきます。 「YOME」は予約販売として設定しているので、正式な発売日まではちょくちょく読…

初めて、エッセイを書いています。

エッセイ的なものを書いているのですが、正式に出版する前に、誰かに読んでもらいたいのですけれども、どうでしょうか……?— 根木 珠 (@yukinayagoshi) 2016年4月4日「サヴァイヴァ」の表紙は、プロのアニメーターの方にやってもらったのです。ツレの友人だっ…

【4/4 追加】パロディ表紙をつくってみた。

こんど出版するものは、たとえばタウンワークとかホットペッパーのようなフリーペーパーっぽくしたいと考えたのです。 本関係の雑誌をもとにパロディ画像をつくって表紙にしてみたらどうかな、と思い、やってみました。 Pen ダ・ヴィンチ TIME 1 TIME 2楽し…

掌編「シャーマン」

かつてこの地には、シャーマンがいた。これは当時の話である。 老人はそう語り出した。 私は、メモを取りながら、ときどき唸ったり、驚嘆したり、信じられないような気持ちで聴いていた。 シャーマンの名はボーといった。村の人々が病にかかれば治してやり、…

フリーハンド de ファンアート。

GOTH電書ちゃんステイシーデイジー(大)デイジー(小)ラーメン根木 珠【無料】お絵かきアプリ:かわいいスタンプ付き - Google Play の Android アプリ(おわり)

読書記録・3月

◇ ゆきなの本棚 期間 : 2016年03月読了数 : 21 冊 残り全部バケーション (集英社文庫) 伊坂幸太郎 / 集英社 (2015-12-22) 画集デポトワール 折羽ル子 / 名無しの挽歌 月狂四郎 / ルナティック文藝社 (2016-03-21) こちら葛飾区亀有公園前派出所 3 (ジャン…

同業者

料理屋さんに勤めていたころ、たまに「ん、あのお客さん、同業者じゃないか?」というようなことがありました。男性4名が、4つのコースをそれぞれ一つずつ頼む、というような場合。そういうときは、調理場は緊張の糸が張り詰めました。下手なものを出したら…

掌編「ネギトロー」

「おうおうおう、今日こそは両耳きっちり揃えて貸したネギ返してもらうぞハァアン!?」 ネギ貸しがシロウのもとへやってきた。 「ひいい、勘弁してつかぁさい! おっ母が病気で薬も買えねぇんでさぁ」 シロウは嘆願するも、相手は容赦しない。 「知るか! 人…

創造する想像

我々が見ている現実は、現実だと思っているそれは、本当はただのイメージでしかなくて、夢、幻、空想の類い。内と外、上と下、優と劣、貴と賎、そんな境界線は、はじめから、どこにもなかった。そんなものは、そもそも最初から存在していない。赤いりんごが…

父が萎んでた

久しぶりに会った父は、縮んでた。ごめんな、ほんとは逆なんだろうけど、と彼は言った。なんだか、憐れだった。

老いるオイル

老いた父がオイルを持ってった。サラダ油。新聞屋さんからもらった洗剤と。地元から現金書留をうちに送らせる意味がわからないが………胃が悪いのだそうで痩せていた。税金をずっと払ってなかったから、市役所からの差し押さえで給料から天引きされてるんだそう…

[Kindle]修正版配信申請のお願い[更新通知]

Amazon様へ改訂第四版の配信のお願いをしたところ── "お客様の本の読者様が個人的に修正版をお受け取りになりたい場合は、弊社のKindleカスタマーサポートまで個別にご連絡いただければ、修正版を配信することが可能です。 https://www.amazon.co.jp/gp/help…

Twitterのプロモーションをやってみた第二弾

プロモツイート九十九電本文庫 on Twitter: "はじめまして、九十九電本文庫です。Amazon様、楽天様、BOOK☆WALKER様などで電子書籍を販売中。その中の一作を、こちらのビューアで立ち読みできます。 『はらのむし』、4ツイートくらいの短いお話です。 https:…

隔靴掻痒の感

休止期脱毛は,栄養不足,生理学的または精神的ストレス後(手術,全身疾患),病的(甲状腺機能低下症または甲状腺機能亢進症)または生理学的(出産後,閉経)な内分泌変化でもよくみられる。脱毛症: 毛髪の障害: メルクマニュアル18版 日本語版だそうです…